Menu

豆知識集

Home

豆知識集

動物に関するちょっとした豆知識や、ぜひ飼い主様に知ってほしいお役立ち情報などをご紹介しております。

「避難のスタイルはひとつではない」

災害時は多くの人が避難所を目指しますが、避難所だけが避難生活の拠点になるわけではありません。避難には様々なスタイルがあることを知っておきましょう。

①避難所での愛犬同伴について
避難所には支援物資や情報も集まってくるので居場所としては安心ですが、動物のストレスも強い為、他の人に迷惑をかけないよう細心の注意が必要です。動物の性格や性質によっては合わないこともあります。

②自宅・車・テントなどで動物とともに避難
自宅が安全なら、人も動物も一番落ち着きます。支援物資や情報は避難所まで取りに行くことになり、車・テントは季節によっては難しい場合も。

③動物だけ自宅に避難させ、人(飼い主さん)は避難所へ
住み慣れた場所にいれば動物も落ち着きます。飼い主さんは避難所から自宅まで動物のお世話に通うことになります。ただし、二次災害の恐れがある場合、この方法は避けましょう。

④友人・知人宅やシェルターなどに預け、人(飼い主さん)は避難所へ
被災していない地域の友人宅や親類宅、ペット仲間の家、自治体のシェルター・ペットホテル、民間団体などに預ける方法もあります。ただし、あとでトラブルが生じないように、条件や期間・費用などを確認し、覚書も取り交わすことが重要になります。

⑤地域のペット仲間と共同で飼育スペースを作る
避難所で動物の同伴ができない場合は、地域のペット仲間と協力して共同の飼育スペースを作るという方法もあります。避難所と交渉し、避難所の軒先や敷地の一画あるいは公園などの一部に飼育スペースを作り、共同でお世話をするようになるでしょう。ただし、動物の性格や動物同士の相性などもあるため、慎重な判断が必要となります。

引用:JKC Gazette 9月/11月号

診療案内